関雅治

関雅治
作家の言葉

木版と石版の二つのテクニックを駆使して制作する作家。支持体の和紙は刃物で切断するのではなく、食い裂き技法で切ってその「みみ」を大切にしている。繊細でやさしい、そしてどこか懐かしい色彩と線描を幾重にも重ね空間と時間の奥行きを紡ぎ出す。

1957年、東京都出身 1985年多摩美術大学大学院版画科修了、
1987年西武美術館版画大賞展・日版商買い上げ賞、
1988年クラコウ国際版画ビエンナーレ・ポーランド、
1998年第2回東京国際ミニプリント・トリエンナーレ優作賞、
2001年Japan2001・イギリス、
2005年ミニプリント・ビエンナーレ・クルジ・ルーマニア名誉賞,
2008年 ポルトガル、オランダ、日本現代版画交流展
日本版画協会会員・日本美術家連盟会員・国際版画交流協会会員 内外で交流展・個展多数 

販売価格は税別額付きです

光の雨に濡れて
65×90cm 木版・石版
¥190,000

黄色い花
52×25cm 木版・石版
¥50,000

赤い花
50×25cm 木版・石版
¥54,000

希望の船出
60×100cm 木版・石版
¥190,000

夜の庭園
36×51cm 木版・石版
¥51,000

浮遊する気持ちー夕ー
51×36cm 木版・石版
¥51,000

サカナの降る夜
50×100cm 木版・石版
¥190,000

夕ぐれ
36×50cm 木版・石版
¥55,000

Rain
27×19cm 木版・石版
¥29,000

薫る夢
26×36cm 木版・石版
¥43,000

風の音色
25×18cm 木版・石版
¥29,000

天気雨
19×27cm 木版・石版
¥29,000

コメントを残す