豊泉朝子

豊泉朝子

自在に流麗に画面を走る細い線は次々とどこか得体の知れない動物や人間らしき生物を産み出していく。静止した平面というより、見ている間にどんどん変化していく動画の世界に迷い込んだようである。そこにはじめじめとした物質への執着やどろどろの感情が形をとどめることが出来ない。あざやかなスピードにすべては軽やかにひらひらとはぐらかされて浄化されメタモルフォーゼを続ける。

東京都港区六本木生まれ
1986 多摩美術大学大学院修士課程修了
1988 期待の新人作家大賞展大賞
1992 マーストリヒト国際版画ビエンナーレ展(オランダ)/ ベルギー日本版画交流展
1997 クラコワ国際版画トリエンナーレ展(ポーランド)
    エジプト国際版画トリエンナーレ展
1998 ロシア日本国際版画交流展(ロシア)
2000 Ex Libris in The 21th Century (バルセロナ)
2007 VIIグリワス国際蔵書票コンペ'07(ポーランド)
その他国内外で展覧会多数

販売価格は税別額付きです

a lion & a cat
9×10cm シルクスクリーン
¥29,000

THE COMPOSITION OF SNAKES
22x32cm リトグラフ
¥32,500

犬と散歩
20×51cm シルクスクリーン
¥54,000

The onion cap
50.5×18.5cm シルクスクリーン
¥54,000

コメントを残す