杉田文哉

杉田文哉

作家の言葉

空に手をかざして掌のシルエットに目をやったり、また指の間から見える雲の動きに見いったりした経験はあるかと思います。
視点を変えることでその空間の印象は変わるものです。

「空間を心地よく遮る」 
私はこれをテーマのひとつとして創作しています。
立体の持つ量感をできる限り取り去り、空間でのあり方や関係性を追求した結果、線による表現に行き着きました。線の重なりやその方向性、さらに密度の変化に様々なイメージを重ね合わせる。

動きのある線の構成はその影と同化することで錯視効果が生まれ、魅力的な表情を作り出します。

1957 三重県生まれ
1980 東京造形大学造形学部デザイン学科卒業
1980 新制作展 初入選
1986 新制作展 新作家賞受賞 (同’94 受賞)
1996 スペースデザインの方法と実験 (パルテノン多摩)
1999 新制作協会 会員推挙
2002 Art Work Art Walk 1,2,3, (銀座月光荘)
2004 NEGA⇔POJI展 (新橋 MAKII MASARU FINE ART)
2011 空間の彩展 (画廊るたん)
2016 公募団体ベストセレクション美術2016 (東京都美術館)

販売価格は税別です

ゆらぎ 2015 - wall II-
150×450×36cm 立体
¥800,000

ゆらぎ - stand plan 01 -
60×20×20cm 立体
¥200,000

ゆらぎ – wall plan 03 -
50×60×7cm 立体
¥200,000

Fluctuation 2017
300×150×30cm 立体
¥800,000

ゆらぎ - stand plan 02 -
55×20×20cm 立体
¥200,000

ゆらぎ – panel plan 01 -
65×50×7cm 立体
¥300,000

Fluctuation 2016
200×150×60cm 立体
¥600,000

ゆらぎ – wall plan 01 -
60×50×7cm 立体
¥200,000

ゆらぎ – panel plan 02 -
65×50×7cm 立体
¥300,000

ゆらぎ ’11 -flow-
216×160×40cm 立体
¥400,000

ゆらぎ – wall plan 02 -
90×20×8cm 立体
¥200,000

コメントを残す