企業アートギャラリー構築コンソーシアム CAGCC

 

 

はじめに

2018年5月1日、「企業アートギャラリー構築コンソーシアム」を発足いたします。

発足の趣旨は、“同時代を生きる美術家への継続的な支援と経営者の方々に文化・芸術の真の力を企業活動において生かしていただくこと”です。

世におびただしく存在する画家、彫刻家などの美術家はあくことなく制作を続けています。しかし、美術市場における需要と供給のバランスは極端な供給過剰であり、美術館、街中の画廊、個人宅に展示されて人の目に触れる作品はほんの一部です。多くの美術作品が、作家のアトリエや倉庫に、ひっそりと眠っています。これらの作品の中には鑑賞者に感動と喜びを与えてくれるものがたくさんあるはずです。

一方、企業は美術家が求めてやまない展示壁、鑑賞者、そして制作費用という素晴らしい資源を提供できる心強い存在です。しかし、自分たちが文化・芸術に大きな貢献ができることにはそれほど気がついていません。

美術作品は、社員が働く空間、お客様をお迎えする空間を感性豊かで創造的なものに変える力を内に秘めています。企業アートギャラリー構築コンソーシアムへの参加によって、企業には一つ目の絵画、彫刻などの美術作品をしっかりとした目的を持って導入する道が開かれます。これが社内の壁を総合的に活用する「企業アートギャラリー」への第一歩となるのです。

私たちは、本コンソーシアムに集う人々の交流が、日常的な「人と美術の出会いの場」を提供する原動力になると考えています。「アート」や「美」について臆することなく語れる経営者と、社会から力強く支えられているという実感を持って制作活動に邁進できる美術家が数多く現れる文化基盤の確かな社会づくりを目指していきます。

企業経営者の皆様方、有志の皆様方には、コンソーシアムの設立趣旨をご理解の上、文化的・創造的な社会作りへの一助を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 

平成30年3月吉日 発起人一同