タグ別アーカイブ: 安曇野

星の安曇野-8

h03watyu225

 

渡辺裕司 「星の安曇野-8」木版画
作品サイズ 56.5×24cm
額サイズ  72.7×54.5cm

安曇野シリーズはかつて作家がこの地で暮らしていた時の作品。北アルプスをバックにワサビ田をはじめ水田が広がる土地で蕎麦なども有名。この作品は頭上を覆い始めた夕闇の中、山頂付近に残る明るみが山の神秘を表している。

渡辺裕司さんはアートジョイでも一番人気の木版画家です。浮世絵の伝統的技法と詩情溢れる感性で現代の日本やヨーロッパの風景を描いています。リピーターも多く、一度手にしたらもっともっとコレクションしたくなる作家さんです。

部分拡大

h03watyu225b

部分拡大

 

この作品には上記フレームにて額装します(数字の単位はmm)

 

額装イメージ(フレームは木地ではありません、サイズも多少違います)

サイズ感の参考にしてください(額サイズは多少違います)

渡辺裕司の作品一覧へ

 

 

星の安曇野-5

h03watyu224

 

渡辺裕司 「星の安曇野-5」木版画
作品サイズ 24×57cm
額サイズ  44×76cm 特寸

安曇野はかつて渡辺裕司氏が暮らしていたことのある日本の地です。
北アルプスを背景にしたこの風光明媚な土地にはワサビの田んぼや水田が広がっています。
また、この土地は蕎麦の生産地としても有名です。
この作品は高台のようなところから山々に焦点をあてた構図で、見る人にアルプスの静寂と神々しさを感じさせます。

渡辺裕司さんはとても人気のある木版画家です。
彼は浮世絵の伝統的技法を使って、現代の日本やヨーロッパの風景を詩情豊かに描いています。
渡辺裕司の作品には多くのリピーターがいます。
そして彼らはその作品を一度手にしたら、もっともっとコレクションしたくなるのです。

部分拡大

部分拡大

この作品には上記フレームにて額装します(数字の単位はmm)

額付イメージ画像(実際のフレームは木地ではありません)

サイズ感の参考にしてください

渡辺裕司の作品一覧へ

 

 

星の安曇野-4

h03watyu223

 

渡辺裕司 「星の安曇野-4」木版画
作品サイズ 24×56cm
額サイズ  44×76cm 特寸

安曇野はかつて渡辺裕司氏が暮らしていたことのある日本の地です。
北アルプスを背景にしたこの風光明媚な土地にはワサビの田んぼや水田が広がっています。
また、この土地は蕎麦の生産地としても有名です。
この作品は高台のようなところから山々に焦点をあてた構図で、見る人にアルプスの静寂と神々しさを感じさせます。

渡辺裕司さんはとても人気のある木版画家です。
彼は浮世絵の伝統的技法を使って、現代の日本やヨーロッパの風景を詩情豊かに描いています。
渡辺裕司の作品には多くのリピーターがいます。
そして彼らはその作品を一度手にしたら、もっともっとコレクションしたくなるのです。

部分拡大

部分拡大

この作品には上記フレームにて額装します(数字の単位はmm)

額付イメージ画像(実際のフレームは木地ではありません)

サイズ感の参考にしてください

渡辺裕司の作品一覧へ