弘田一成

弘田一成

作家の言葉

 作者自身のからだと向きあうようにして、単一の形象を描く。そのかたちはかたまり状ではあるが、多数の線の集積で成り立っている。細胞や粒子など、組成物のうごめきを想わせ、浮遊感を感じさせる。
 近作では線の表情に変化がつき、単体とそれを取り囲む空気や光のような情景を織りなす。

1965年横浜生まれ 
1988年多摩美術大学絵画科卒業  
ギャラリィK、 なびす画廊、不二画廊などで個展多数。1998年第三回アート公募 ギャラリー賞受賞、2001年「BIT展vol.3」東京画廊、2002年「Korean contemporary art festival」ソウル・アートセンター 2006年「予兆の地平」アリカ・アートサイト

販売価格は税別額無です

rage
60x84cm 油彩
¥170,000

コメントを残す