丸田恭子

丸田恭子
作家の言葉

 渦、流線、螺旋などを基調に、 不思議な波動を放ちながら、矛 盾も取り込み矛盾する世界を展開。 情緒や感傷性にいっさい偏らな い透明で硬質な線や形態は骨太 でダイナミックな絵画空間を現 出させている。比較的小画面に おいても、また超大型の画面に おいても一切躊躇のないストロ ークワークは比類無き画家とし ての力量を余すことなく観るも のに示す。私たちは丸田恭子の 作品を見る時に絵画の絵画たる 醍醐味のひとつを最も純粋な形 で体験することになるだろう。

1978年、明治薬科大学卒業
1982 ~87年うち2年間渡米アートスチ ューデントリーグオブニューヨー クで学ぶ。
「VOCA展」「現代日 本絵画の展望展」など、国内外で グループ展、個展多数

販売価格は税別です

素時間#4
60×159cm アクリル
¥580,000

呼吸する重力#2
65×110cm アクリル
¥500,000

環#1
110×110cm アクリル
¥600,000

Untitled ST-2
91×130cm アクリル
¥600,000

環#2
110×110cm アクリル
¥600,000

環#3
110×110cm アクリル
¥600,000

コメントを残す