喜多祥泰

喜多祥泰

日本画の金箔や絵具の素材の表情は古くから私たち日本人に親しまれてきたもので、現代にそれをどのように生かせるか考えます。例えば絵巻のような表現を一枚の絵画に置き換えて表現できないか。私たちのいる日本は、環太平洋の先に広がる広大な山野島々から、終着点として文化の伝播を繰り返し享受し成り立っています。日本の半アジアの蝶番としての可能性を含み、美しく存在する現代の日本画に成るよう願い描いています。

1978 徳島県生まれ
2006 東京藝術大学 大学院博士後期課程日本画研究領域修了
2007 第34回創画展 奨励賞
2008 第34回東京春季創画展 春季展賞(’09,’11)
2011 第62回関西高輪会・第82回関東高輪会
2017 個展「Rhythm of the forest - 杜の律動」(岡山天満屋本店)
2018 個展「喜多祥泰日本画展-謝赫へのオマージュ」(日本橋三越本店)

販売価格は税別です

天后
65×91cm  日本画
¥1,644,000

天穹を行く
117×117cm  日本画
¥2,740,000

ヒラクヤマ
154×162cm  日本画
¥5,480,000

コメントを残す