越畑喜代美

越畑喜代美
作家の言葉

 越畑喜代美は身近な草花や野菜、里山の風景などを独特の風合いで制作している。柔らかく、優しいタッチに観るもの誰もが懐かしい暖かい気持ちに満たされる。しかし、制作の態度はその画面とは裏腹に頑固一徹と言っても良いだろう。けしてぶれることのない画家の美意識を通して描かれる世界は、一瞬の季節の現象の中にひそむ永遠の回帰をほの見せる。

1960 神奈川県川崎市生まれ
1986 多摩美術大大学院美術研究科修了
1989 グループ展開始
LABO(今年23回目)Vivle (香染美術など)紫陽花展(横浜女流画家のグループ 岩崎ミュージアム)川崎平和美術展(アートガーデンかわさき)日韓美術交流展(川崎,富川)柴田悦子画廊、佐藤美術館、あーとじょい、Art Do 、香染美術、 栗原画廊,、シルクランドギャラリー、ギャラリー華沙里、全国の百貨店等多数
1996 個展開始
ギャラリー華沙里(新百合ケ丘)、ギャラーイセヨシ(銀座)、タケダエキジビットハウス(鎌倉)、柴田悦子画廊(銀座)、鶴見画廊(横浜)、弘文堂(弘文堂)、三彩洞(甲府)立山画廊(富山)他多数

販売価格は税別額付です

野春
30×100cm 日本画
¥550,000

コメントを残す