松谷千夏子

松谷千夏子
作家の言葉

一貫して女性像をメインテーマとして制作する作家。確かなデッサン力でとらえた現代的な風俗と表情を持った女性を画面いっぱいに描くスタイルはユニークで比類がない。岩絵具等の日本画の材料を鋭敏な感性を持って美しく自在に使いこなすマチエールもその魅力となっている。

1959年 神奈川県出身、1985年 多摩美術大学大学院日本画科修了、1983年 創画会初入選以後毎年出品、1990年 上野の森大賞展、1994年 三渓展佳作賞、2000年 創画会春期展賞、2001年 ARTWALK2001、2004年 美ら島を描く展、2008年 ART台北2008、その他百貨店、画廊での個展多数

販売価格は税別額付です

辛夷
80.5×53cm 日本画
レンタル対応作品

コメントを残す