重政周平

重政周平

私の日本画素材を使った絵画制作は、生活風景の中にある幾何的な形態や直線、曲線などから感じる印象をもとに、自身の思う理想のフォルムを再構築することで、独自の美と絵画空間を創造しようと試みています。線の集合によってできる構造物、そしてその内部にできる小さな間隙、この二つはどちらも互いに画面内で主張をする相克の関係となり、力強い関係となっていきます。その表現を求めた展開を作品から感じていただければと思っています。

1987 東京都生まれ
2012 東京藝術大学 美術学部絵画科日本画専攻卒業
2014 東京藝術大学 大学院修士課程日本画研究領域修了
    第42回創画展 奨励賞(2016年第43回 同賞)
2016 Will+s展/西武アート•フォーラム Will+s展賞
2017 東京藝術大学 大学院博士後期課程日本画研究領域修了
現在 東京藝術大学美術学部日本画研究室教育研究助手
   創画会会友

販売価格は税別です

設計
73×91cm  日本画
¥900,000

送電線
117×91cm  日本画
¥1,500,000

structures
162×130cm  日本画
¥2,500,000

コメントを残す