伊藤順一

伊藤順一

42歳で急逝するまでの間、こころやさしい絵を描き続けた画家です。自我意識の高まる青年期を新宿で過ごしています。時代はフォーク全盛の頃であり彼は新宿で歌っていました。
料理が好きで、友人たちを招いてはもてなしていたそうです。そして「今死にたいと思っていた人がもう少し生きよう」と思う絵が描きたいと話していたそうです。歌とお酒をこよなく愛し、描かれたその家族や動物たち、老人や少女たちから「幸せですよ」と声が聞こえてきます。

1956年   千葉県に生まれる
1979年   武蔵野美術大学卒業
1981年   現代の裸婦展入選(以後‘89まで連続)
1983年   昭和会招待出品
1987年   セントラル美術油絵大賞展入選
1991年   浅井忠記念賞典入選
        花と女性美展優秀賞受賞
1992年   日伯現代美術展奨励賞
        林武賞入選
1993年   第3回浅井忠記念賞展優秀賞
1997年   浅井賞展出品
        安田火災財団美術奨励賞受賞
        12月逝去

販売価格は税別です

小鳥と少女
46×38cm 油彩
売約済

コメントを残す