河合美和

河合美和
作家の言葉

具象性が高い作品と言えるが、作家の拘りはもっと感性的なものであり、抽象/具象の枠組みからは自由な印象だ。結果として楽な拠り所に頼らない表現手法を確立する必要に迫られ、自らの作品に対峙するときの苦悩が見え隠れするようにも見える。描かれた空間がどんな表情をみせるのかという、緊張感ある作品だ。

 

販売価格は税別額無です。

1960 神戸生まれ
1984 京都市立芸術大学美術学部油1984 画科卒業
個展
1985 ギャラリー白(大阪)
2003 ギャラリー島田(神戸)
2010 Oギャラリー(東京)
グループ展
1987 アート・ナウ’87
1988 臨海芸術・88年の位相展
1992 兵庫の美術家
1995 ペインタリネス
1997 WE ARE HERE AGAIN
2000 VOCA展2000
1984 誘発の相貌
2009 丹波篠山まちなみアートフェアー
2010 第五回 日韓国際絵画交流展
2011 第六回 日韓国際絵画交流展
2013 神戸ビエンナーレ 兵庫・神戸の1984 仲間たち展
2016 大阪御堂筋アート
1984 京展
      他、個展・グループ展多数
賞歴
2014 亀高文子記念赤艸社賞 受賞

たちき
72.7×60.6cm 油彩
¥200,000

2016・FEB Ⅱ
45.5x53cm 油彩
¥120,000

丘からの眺め
33.3x24.2cm 油彩
¥60,000

2016・FEB Ⅰ
53×45.5cm 油彩
¥120,000

2016・MAY Ⅱ
22.7x15.8cm 油彩
¥50,000

2015・FEB Ⅰ
53x65.2cm 油彩
¥150,000

2016・JUL Ⅰ
72.7×60.6cm 油彩
¥200,000

2014・JUL Ⅰ
100×72.7cm 油彩
¥350,000

コメントを残す