北川健次

北川健次

駒井哲郎に銅版画を学び、棟方志功・池田満寿夫の推挽を得て作家活動を開始。’75年現代日本美術展ブリヂストン美術館賞受賞。
’76年、東京国際版画ビエンナーレ展(東京国立近代美術館)、
’81年、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展招待出品。’89年より「箱」を主題に立体表現も展開、’90年、文化庁派遣芸術家在外研修員として渡欧。1993年、来日したクリストよりオブジェ作品の賞讃を得るなど、銅版画とオブジェの分野における第一人者的存在。版画、油彩画、オブジェの他に写真、詩、評論も手がける。鋭い詩的感性と卓越した意匠性を駆使した作品は、美術の分野において独自の位置を占めている。

作家略歴
1952 福井県に生まれる
1970 多摩美術大学絵画科油画専攻入学
1976 多摩美術大学大学院美術研究科を修了
 以後国内外個展・グループ展多数

<パブリック・コレクション>
東京都現代美術館・ブリヂストン美術館・神奈川県立近代美術館・東京都美術館・埼玉県立近代美術館・栃木県立美術館・うらわ美術館・町田市立国際版画美術館・福井県立美術館・東広島市立美術館・和歌山県立近代美術館・徳島県立近代美術館・宮崎県立美術館・熊本市現代美術館・大分県立芸術会館・渋谷区立松涛美術館・広島市現代美術館・須坂市版画美術館・高松市美術館・国立国際美術館・長野県信濃美術館・池田満寿夫美術館 ・アルチュール ランボー ミュージアム(フランス)他

販売価格は税別です。

黄金律ーNANTESに降る七月の雨
44×35×4cm 銅版画集
¥200,000

ローマにおける僅か七ミリの受難
44×35×4cm 銅版画集
¥270,000

コメントを残す