竹久夢二

竹久夢二

明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した竹久夢二。
大正の歌麿とも言われ、人々の暮らしに根付いた喜びや悲しみが表わされている作品は、現在でも多くの人々の心を魅了しています。

明治17年 岡山県邑久郡本庄村に生まれる
明治38年 早稲田実業学校卒業
明治42年 先駆的な詩画集「夢二画集 春の巻」につづいて挿絵入り画集を刊行
大正元年  京都府立図書館において第一回夢二作品展覧会開催
大正8年  「女と子供によする展覧会」三越で開催
大正12年 企画していた「どんたく図案社」関東大震災により壊滅
昭和2年  「中山晋平童謡小曲」装丁を始める
昭和7年  アメリカより欧州にわたり各地を歩く
昭和8年  欧州より帰国 台湾へ旅行の後、病に臥す

販売価格は税別・額付です。

愛の総勘定
24.3×10.8cm 木版画
¥270,000

窓辺
17.7×19.3cm 木版画
¥290,000

南の椽
18.4×11.4cm 木版画
¥60,000

越後獅子
13.3×8.7cm 木版画
¥80,000

コメントを残す